1. HOME
  2. 診療案内
  3. 特殊な血液浄化療法

診療案内

特殊な血液浄化療法

信州大学腎臓内科では、血液透析で培ったノウハウを活かし、血液中に病因が存在する場合の血液浄化療法(病因除去療法)を行っています。
血液中には、体にとって必要な成分と病因成分が混在するため、なるべく病因のみを取り除く必要があり、そのために多種多様な血液浄化療法が開発されています。
腎臓内科では、病態に応じて、その中で最適な方法を選択し、各診療科と連携して実践しています。
代表的な例としては、敗血症性ショックに対するエンドトキシン吸着療法、難治性ネフローゼ症候群などに対する脂質吸着療法、自己免疫疾患に対する単純血漿交換、二重膜濾過血漿交換、白血球除去療法などがあります。

このページの先頭へ