1. HOME
  2. スタッフ紹介

スタッフ紹介

写真:上條祐司 先生

上條 祐司 先生 Yuji Kamijo
我らが誇る腎臓内科科長です。
腎臓内科分野に留まらない幅広い知識を背景に、リーダーとして臨床的判断を下し、基礎研究や臨床研究、教育などあらゆる面において腎臓内科を率いています。さらに、後方での司令塔的役割ばかりでなく、時には最前線に立って手術なども行います(本当はもっと前線に出たいのだと思いますが、若手に譲ってもらっています(笑))。上條先生をみれば、腎臓内科の真髄、興味深さがきっと分かります。
そして、そんな上條先生を語る上で外せないのが、すばらしいミュージシャンであることです。上條先生の心のこもった弾き語りの虜となったスタッフ、患者さんは数知れず。
いつでも、そしてどんなセッティングでも熱い心で取り組む。上條祐司now on stageです!
学位・取得専門医
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医・評議員
  • 日本透析医学会専門医・指導医・評議員
  • 日本アフェレシス学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門医・指導医
  • 日本臨床腎移植学会認定医
  • 日本移植学会認定医

写真:橋本幸始 先生

橋本 幸始 先生 Koji Hashimoto
2014年4月から助教となり、腎臓内科診療に加え学生・研修医の教育も行っています。どんな時でも優しい笑顔のお医者さんです(怒ったところを見たことがありません。怒らせる事は不可能??)。次世代を担うリーダーとして活躍中です。腹膜透析のカテーテル挿入術やシャント手術などの外科手技に関して彼の右に出るものはおらず、難易度の高い手術を淡々とこなしています。また、大学院生の研究指導も行うマルチな才能を発揮しています。どんな過酷な状況でも黙々と耐え忍び臨床もこなす、その姿勢はプロフェッショナルです。
学位・取得専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
  • 日本透析医学会透析専門医・指導医・評議員

写真:小川洋平 先生

小川 洋平 先生 Yohei Ogawa
初期研修と後期研修を長野赤十字病院腎臓内科で終えた後、さらなる腎臓病学の探究のために2015年4月から信州大学腎臓内科に入局しました。大学では、腰を据えて腎病理に取り組んだり、腎臓内科的な診療上の疑問点に対し答えを見つけるべく臨床研究や症例解析を行う予定です。即戦力として臨床の最前線で活躍中!
取得専門医
  • 日本透析医学会透析専門医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医
  • 日本内科学会認定内科医

写真:園田光佑 先生

園田 光佑 先生 Kosuke Sonoda
周囲への気配りが出来、面倒見が良い先生です。外来・病棟業務、検査、手術など腎臓内科の業務全般にわたり、高いスキルを発揮し、常に最前線で腎臓内科の業務を牽引しています。現在大学院に在籍し、今後は臨床のみならず学術活動での活躍も期待されています。一部可愛らしい一面もあるとの噂がありますが、真偽のほどはわかりません。とにかくよく働く先生であることは間違いありません。
取得専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医

写真:大學愛子 先生

山田(旧姓 大學) 愛子 先生 Aiko Yamada
信州大学腎臓内科に入局後、関連病院の長野市民病院腎臓内科で研鑽を積み、2015年4月に帰局しました。かわいらしく、物腰柔らかな女医さんですが、とてもしっかりしており、常に的確な診療を行います。とても勉強家でもあり、後輩たちをわかりやすく丁寧に指導しています。患者さんにも人気が高く、後輩達の憧れの先生です!また、仕事と家庭とを両立されている姿も、多くの女性後輩医師のお手本になるに違いありません。枝豆とチーズを愛するチャーミングな一面もあります。
取得専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医
  • 日本透析医学会透析専門医
増田 知恵 先生 Tomoe Masuda
柔らかい笑顔が溢れる先生で、常に優しく穏やかです。患者さんのお話に耳を傾けて、丁寧に診察されている姿をよく目にします。たまに、ちょっと天然(?)の発言や行動もあり、みなが和み、癒やされます。
もともと総合内科をしていたこともあり、腎臓以外にも、幅広い内科の知識をもっています。ですが、決して偉ぶらず謙虚な姿勢で、日々懸命に仕事をがんばってくれています。
取得専門医
  • 日本内科学会認定内科医

写真:山口晃典 先生

山口 晃典 先生 Akinori Yamaguchi
学生時代は前人未到の東医体競泳部門6連覇を達成した伝説のスイマーです。現在のイメージとしては、くまのプーさん的な存在です。一度、腎臓内科に来ていただければこの意味が多くの方に伝わるかと思います。後輩の発表準備の手伝いなど、とても熱心で面倒見のいい先生です。
腎臓領域では腎臓病理に強い関心を持ち、他の腎臓内科医には気づけない何かがすでに見え始めています。その潜在能力ははかりしれず、腎臓内科学・透析学分野においても開花するに違いありません。
取得専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医

写真:山田 洋輔 先生

山田 洋輔 先生 Yosuke Yamada
腎臓病学の奥深さ、腎臓機能の神秘性、血液浄化療法の圧倒的な臨床効果などに惹かれて腎臓内科に入局しました。
学生の頃はバスケ部で大活躍するほどの高身長ですが、診療にあたってはあらゆる部分にまで気を配ることのできる細やかさもあります。
現在当科一番の研究者、斬新なひらめきとピュアなハートでマウスと格闘チュー☆
取得専門医
  • 日本内科学会認定内科医

写真:藤田 識志 先生

藤田 識志 先生 Satoshi Fujita
慢性腎臓病治療のような慢性病態管理に惹かれて腎臓内科に入局しました。
説得力のある言葉、大人の対応、時々みせるするどいツッコミを持ち味としています。患者さんと良好なコミュニケーションをとりつつ腎臓病患者の全身管理を行うことに強い意欲ももったDr.です。
口八丁、手八丁のムードメーカー。でも実は寂しがり屋?…某スタッフの証言です。
取得専門医
  • 日本内科学会認定内科医

写真:藤井一聡先生

藤井 一聡 先生 Kazuaki Fujii
何事にも動じることなく、自分のペースを崩さない強い心の持ち主です。
学生時代に鍛えた弓道と優しい眼差しで、奥さんはもちろん、皆の心を射止める腎臓内科のスーパーエースです。
取得専門医
  • 日本内科学会認定内科医

写真:原 悠太 先生

原 悠太 先生 Yuta Hara
柔らかな物腰ながら、メガネの奥の鋭い眼光と意外に?低い素敵な声は奥深い思考の証拠?常に周囲に気を配り、仕事も速く信頼も厚く、ひそかに「隊長」と呼ぶスタッフもいるほど。さすがは元ラガーマン!
取得専門医
  • 日本内科学会認定内科医

写真:鈴木智大先生

鈴木 智大 先生 Chihiro Suzuki
2年間の長野市民病院での初期研修中に腎臓内科診療や慢性疾患のマネージメントに興味をもって入局しました。着々と知識を積み上げ物事を考えていく理論派ですが、学生の頃にはバドミントン部で活躍していた体育会系でもあります。診断のツボを押さえ、様々な診療場面においてスマッシュを次々と決めるような腎臓内科医になるに違いありません。

写真:倉澤 幸史 先生

倉澤 幸史 先生 Yukihumi Kurasawa
腎臓の奥深さに惹かれ、腎臓内科医を志しました。
何事にもとにかくまじめに寡黙に取り組む姿は、身体から24時間毒素を取り除く腎臓のような働きぶり。ナイスなキャラクターで腎臓内科のムードメーカーです。
取得専門医
  • 日本内科学会認定内科医

写真:青村 大輝 先生

青村 大輝 先生 Daiki Aomura
諏訪赤十字病院にて1年間の腎臓診療を行い、2018年4月から当院勤務です。小柄ですが、単位体積あたりの根性と熱意は誰にも負けません。臨床はもちろんのこと、大学院に入学して研究にも全力で取り組み、長野県の腎臓内科を引っ張っていく予定です。

写真:栗原 重和 先生

栗原 重和 先生 Shigekazu Kurihara
長野赤十字病院の腎臓内科での研修中に、多様な疾患にかかわる分野であることに興味を持ち、腎臓内科医を志しました。四季の移り変わりや 様々なスポーツができる長野県が家族そろって大好きで、少しでもこの地域の医療に貢献できるよう研鑽を積んでいきたいと考えています。

写真:近藤  奏 先生

近藤  奏 先生 Kanade Kondo
信州大学腎臓内科の雰囲気の良さ、活気に惹かれ、腎臓内科医を志望いたしました。出身は千曲市です。秋田大学を卒業後、長野に戻り、篠ノ井総合病院で初期研修を行いました。趣味はバイオリンです。初期研修の傍ら、院内のバンドや四重奏、地域のオーケストラにお誘いいただき活動しています。

写真:長岡 俊陽 先生

長岡 俊陽 先生 Toshihiro Nagaoka
出身は長野県で信州大学を卒業後、北信総合病院と信州大学医学部付属病院で研修していました。1年目に北信総合病院腎臓内科の先生方に大変お世話になり、ご指導いただいたことから、腎臓内科医を志しました。地元の長野県の医療に少しでも貢献できるようになっていければと思います。

写真:二村 駿行 先生

二村 駿行 先生 Takayuki Nimura
長野県上田市出身で屋代高校理数科を卒業、信州大学に入学しました。初期研修は信州上田医療センターで2年間行いました。腎臓内科の疾患に興味があったことと、academicな環境に飛び込めば自分も少しはできる医師になれるのではないかと考え、信州大学腎臓内科の一員となりました。

写真:信岡 賢彦 先生

信岡 賢彦 先生 Takahiko Nobuoka
出身は東京都駒場東邦中高等学校で、信州大学に入学以来、長野県で生活をしています。初期研修は1年目信州大学、2年目は長野市民病院で研修しました。その暖かな雰囲気に惹かれ、信州大学腎臓内科に入局しました。趣味はアニメ・音楽鑑賞です。

写真:前角 博子 先生

前角 博子 先生 Hiroko Maezumi
信州大学病院と長野市民病院で2年間初期研修を行い、2018年4月から腎臓内科を専攻にしました。少しでも多くのことを吸収して貢献できるよう精一杯がんばります。

写真:南澤 朋美 先生

南澤 朋美 先生 Tomomi Minamisawa
深志高校卒業後に浜松へ行き、研修医になってから地元に戻ってきました。2年間の研修のなかで腎臓内科の魅力にひかれて腎臓内科に進むことを決めました。
まだまだ分からないことばかりですが少しでも多くのことを吸収し、役に立てるように頑張ります。

写真:唐木田三恵

唐木田 三恵 Mie Karakida
2014年より腎臓内科のドクタークラークさんとして勤務してもらっています。また、ドクタークラークとしての勤務時間外には、長野県透析研究会の事務作業も手伝ってもらっています。唐木田さんのおかげで、血液浄化療法部のスタッフルームの居心地が非常によくなっており、腎臓内科医のQOLが格段に向上しました。色々と頼みすぎに注意しなければ・・・と思う今日このごろです。

このページの先頭へ